日本語センター
http://nihongocenter.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
「どうぞ」と「どうか」
2016-11-14 Mon 22:40
相手に何かを頼む時に、私たちはこんな風に言います。

どうぞよろしくお願いします。」
どうかよろしくお願いします。」

さて、皆さん。この「どうぞ」と「どうか」、どのように使い分けていますか。

お願いの度合いの違いでしょうか。
それとも、丁寧さの違いでしょうか。

「う~ん・・・」と考え込んでしまった方は、次の例を見て、考えてみて
ください。

(例1)スーパーの試食販売で店員が客に呼びかける場合
    A)「どうぞ召し上がってみてください」
    B)「どうか召し上がってみてください。」

(例2)退社時間間際に、明日の午前中に必要な書類作成をお願いする場合
    A)「どうぞお願いします。」
    B)「どうかお願いします。」

いかがですか。
(例1)ではB)の方に、(例2)ではA)の方に不自然さを感じたのでは
ないでしょうか。

「どうぞ」と「どうか」。
両方とも、単なる「お願いします」と言う時より、お願いの度合いや丁寧さを
高める表現です。
しかし、お願いする時の状況によって、使い分けがあります。

「どうか」は、困難なことは分かっているが、そこをどうにか、という場合に
使います。

つまり、話し手が「どうか」を使うのは、困難な状況を承知の上で懸命に頼む、
懇願する時です。

一方、「どうぞ」には「困難な状況」というものがありません。単に、相手に
対して、自分の希望を丁寧に依頼する時
に使います。

ですから、(例1)のように、試食販売という場面では、普通「困難な状況」
は想定できませんから、「どうか」ではなく、「どうぞ」の方を自然だと感じ
ます。(その商品を試食するのに20分ぐらいかかるので、客が嫌がって
誰も試食してくれず、困っているという場面なら、「どうか」を使っても不自然
ではありませんが・・・)

また、(例2)の場合は、「退社時間間際に、相手に無茶なお願いをする」と
いう困難な状況ですから、「どうか」がベストです。反対に、こんな場面で
「どうぞお願いします」なんて言われたら、依頼された方は頭にきますよね。

「どうぞ」と「どうか」。
似ている言葉ですが、場面や自分の心情に合わせて使い分けたいもの
です。

そして、お願いを受ける側になった時も、依頼主がどちらを使ってお願い
してくるかで、その人のおかれた状況や今の心情を読み取れるように
なりたいものです。


別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:0 | ∧top | under∨
うれしい報告
2016-11-09 Wed 23:33
ちょうど1年前。ひらがなも読めない状態で日本語教室のドアを叩いた
ネパール人のビドゥーラさん。
彼の夢は、日本の飲食店で働いて、日本式の飲食店経営を学び、
お父さんのレストランを助けること。

しかし、片言の日本語は話せても、字も読めず、会話もできないため、
「話さなくてもできる仕事」にしか就くことができませんでした。
その仕事でも、理不尽なことで怒られたり、馬鹿にされたりと言葉が
話せないが故の辛さもありました。

そんな彼が、週1回の教室に通い、ひらがな、カタカナ、漢字の読み書きが
できるようになり、日本語で会話もできるようになりました。

そして、ついに!!
夢だった日本のレストランにアルバイトとして採用されました!!

「先生!ちゃんと履歴書が書けたよ!漢字で書いたよ!」と満面の笑みで
報告してくれました。

そうなのです。
字の読み書きができなかった彼は、今まで履歴書さえも提出できなかった
ので、職場の選択も限られてしまっていたのです。

まだ裏方の仕事が多いようですが、先週は、「先生!今日、初めて一人で
接客させてもらえたよ!ちゃんと日本語でできたよ!」とうれしそうに話してく
れました。

こういう時。
本当に日本語教師をしていてよかったな・・・と思います。

独り言のような今日のブログで、すみません。
しかし、本当に、本当に嬉しくて・・。

別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
イクラの缶詰
2016-11-02 Wed 21:43
赤い宝石、イクラが旬ですね。
我が家では、生の筋子を買ってきて、自分の家でイクラの醤油漬けを作ります。

ところで、この「イクラ」。
ロシア語が語源であることをご存知でしたか?
私はロシア人の生徒から教えてもらいました。

ロシア語では「イクラ」=「魚の卵」という意味だそうで、
たらこも、キャビアも「イクラ」なのだそうです。
そして、なんと!ロシアではイクラの缶詰が売っているそうです!!!
これです。
↓↓↓
イクラの缶詰

ロシアでは缶詰で販売されているのが普通だそうで、値段は1000円ぐらい
とのこと。

また、ロシアでは日本と違い「塩漬け」で販売されていて、
「たっぷりバターを塗ったトーストの上に載せて食べるのがおいしい」
のだそう。
(日本人は想像するだけで、「・・・」ですね。
反対に、ロシア人は「どうして醤油??おいしくない!」と言っています)

いつかロシアに行く機会があったら、勇気を振り絞って
「イクラバタートースト」に挑戦してみます。
別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
責任逃れしたいときは、自動詞を使う?!
2016-10-31 Mon 23:19
先週のブログで、日本人はなぜ「お茶を入れました(他動詞)」ではなく、
「お茶が入りました(自動詞)」と言うのか・・について書きました。
→詳しくはこちら。「お茶が入りました」と「お茶を入れました」

今日も、この「自動詞」と「他動詞」について紹介したいと思います。

先週、日本人は「動作主である自分を言い立てないことを良しとする」価値観
を持っているので、「(私は)お茶を入れました(他動詞)」ではなく、
「お茶が入りました(自動詞)」を使うことで、自分を隠す、ということを
紹介しました。

こう説明すると、自動詞を使って表現することは、謙虚さを表す良い表現の
ように感じますね。
しかし、この「自動詞を使った表現」は使う状況によっては、責任逃れの表現
になってしまいます。

例えば、こんな場面に遭遇したことはありませんか?

子ども:(ガチャーン。コップをテーブルから落として)
    「ママ~!ママ~!コップが壊れたよ~。」
お母さん:「壊れたじゃないでしょ!!!壊したんでしょ!!」

「壊れた」という自動詞を使うことで、結果の方に視点をおき、
「壊した」自分を隠す
という、自動詞の特長を上手く(?)使った言い方です。
もちろん、子どもは「壊れた」と「壊した」の違いを知って、使い分けている
のではないと思いますが、もし、これが大人の会話であれば、「コップが
壊れたよ」なんて言ったら、相手に「責任逃れ」と思われても仕方ありません。

「自動詞」を使って、「謙虚さ、控えめさ」のニュアンスを添えるか、
「責任逃れ」をするか。
その時の自分の心情で日本人は無意識に使い分けているようです。


別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:0 | ∧top | under∨
インドネシアの柿
2016-10-26 Wed 22:33
秋の果物と言えば、ぶどう、梨、栗などありますが、柿も日本人には欠かせ
ないものです。
しかし、この「柿」。
外国人は「なに?それ?」という反応をする人が多いのです。

そのため、私も「柿=外国(特に、暑い国)にはないもの」と勝手に思っていました。

しかし、なんと!
インドネシアではスーパーで柿が売られているそうなのです。

先日、インドネシア人の学生と駅までの道を歩いていたら、果物屋さんの前で、
「先生!私はこの果物が大好き!日本のはインドネシアのより甘くて、
おいしい!」と柿を指さして言ったのです。

「ええ?!柿がインドネシアにあるの???」と驚いて質問すると、
「はい。ありますよ。1キロ70円ぐらいでスーパーで売っています。
インドネシアの柿は、皮が真っ白。化粧をしているみたいですよ。」
との答え。

柿って、暑い国でもできるの??
皮が真っ白??
1キロ70円なんて、そんなポピュラーな果物なの??
と頭が「???」だらけに。

私の「???」状態を察したのか、インドネシアの柿の写真を見せてくれ
ました。
これです。
↓↓↓
インドネシアの柿

決してかびているわけではありません
これが通常の状態だそうです。

インドネシアに行く機会があったら、ぜひ、探してみてください。


別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
「お茶が入りました」と「お茶を入れました」
2016-10-25 Tue 21:29
どういうわけか、記事が思うように投稿できず、
一日遅れの「日本人が知らない日本語の仕組み」の更新です。

いよいよ秋も深まり、朝夕肌寒さをおぼえるようになりました。
こんな季節は温かいお茶でも飲みたくなりますね。

さて、皆さん。
そんな時、皆さんは、
「お茶が入りましたよ」
「お茶を入れましたよ」
 

のどちらで他の人たちに声をかけますか。

「お茶が入りましたよ」と言う方が多いのではないでしょうか。

しかし、この文。よく考えると、不思議な文でもあります。
「お茶は自分で茶碗の中に入る」ことはありませんから・・・。

でも、私たち日本人は、「お茶が入りました」という言い方に何ら違和感を
覚えません

むしろ、「お茶を入れましたよ」と言われた方が、妙な感じを抱くかも
しれません。

では、どうして「お茶が入りました」が間違った表現にならないのでしょうか。

この「入る」という動詞は「自動詞」です。
自動詞と言うと、「自らが動く動詞」と思われるかもしれませんが、
日本語の自動詞には「変化の結果を表す」という働きがあります。

例えば、
「私はドアを開けました(他動詞)。」
  →→(その結果)「ドアが開きました(自動詞)。」というように。

ですから、この「お茶が入りました」という表現も、
「私がお茶を入れた(他動詞)
  →→その結果「お茶が入った(自動詞)
という意味であり、決して、お茶が自ら動いて茶碗の中に移動したという
意味ではないのです。

では、どうして「(私は)お茶を入れました」より、「お茶が入りました」
という結果を表す表現の方が好まれるのでしょうか。

実は、日本人は「動作主である自分を言い立てないことを良しとする」価値観
を持っている
と言われています。
それが言葉の面でも表れています。
一番分かりやすいのが、「今度、田中さんと結婚することになりました」
という挨拶でしょうか。
結婚すると決めたのはもちろん自分ですが、「~になりました」という表現を
使うことで、自分を隠しています。

これと同じように、「お茶が入りました」という表現も「~が入る」という
自動詞を使うことで、結果の方に視点をおき、お茶を入れた自分を隠している

のです。
つまり、「お茶を入れたのは自分だ」ということを言い立てない価値観にあった表現なのです。

「お茶が入りました」

特に意識もせず使っている表現ですが、この中に詰まった日本人の価値観を
感じながら、お茶を入れ、誰かに声をかけてみてはいかがでしょうか。

別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:0 | ∧top | under∨
| 日本語教師になろう! | NEXT
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].