日本語センター
http://nihongocenter.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
日本の床屋は怖いです。
2016-04-27 Wed 22:07
日本の床屋に初めて行ったロシア人のアレクセイさん。
衝撃的な体験だったようで、
「先生!!!日本の床屋は怖かったです!!!」と
興奮気味に話してきました。

「先生!日本の床屋では、髪を切った後、髭を剃ります!!
私はナイフを見たとき、何をするんだ~!!!!と怖かったです。
更に、鼻毛も切って、耳の毛も剃りました!!!
私は殺されるかと思いました!!本当に怖かったです!!」

ハハハハ・・・。
それは日本では床屋さんの普通のサービスですよ~。
(耳の毛はよく分かりません・・。アレクセイさんは耳の毛がフサフサして
いるからでしょうか・・。)

ロシアの床屋さんは髪を切るだそうです。
アレクセイさん曰く、「私は生まれて初めて他人に鼻毛を切られた!!
もう、絶対に嫌です!!
」。

アレクセイさん。
次は床屋ではなく、美容院に行った方がいいかもしれませんね・・・。


別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
「大きい」と「大きな」は何が違う?
2016-04-25 Mon 20:52
大きな栗の木の下で・・・♪
大きなのっぽの古時計・・・♪

両方とも、一度は聞いたことがある有名な歌です。

さて、皆さん。この歌詞を聞いて、不思議に思ったことはありませんか?
どうして、「大きな」なんだろう・・。「大きい」ではいけないのだろうか?
と。

日本語を勉強する外国人も、
「大きい」と「大きな」は何が違うの?
と私たち日本語教師に質問します。

では、何が違うのでしょうか。

文法面からみると、
「大きい」は「い形容詞」(注1)、「大きな」は「連体詞」という違いが
あります。
つまり、「大きい」は「大きいです。」、「大きく書きます。」というように
文末に使ったり、動詞に接続したりすることができますが、
「大きな」は連体詞ですから、後ろに名詞が続くときにしか使えません
(注1)「い形容詞」とは、日本語教育で使う文法用語です。
    皆さんが国語の時間に勉強した「形容詞」のことです。


しかし、この説明で外国人が納得するかというと、納得しません。
これだけでは「大きい木」と「大きな木」の違いの説明にはならないからです。

では、私たち日本人はどう使い分けているのでしょうか。

手元の辞書の「大きな」に出ている例文を見ると、
外交上の大きな問題
大きな政府
大きな影響を与える
大きな意味がある
と載っています。

一方、「大きい」に出ている例文を見ると、
大きい
大きい
大きい
などと載っています。

このように比較してみると、「あれ?」と気づかれた方もいるのでは
ないでしょうか。

そうです。どうやら、私たち日本人は、「大きな」は抽象的な語と一緒に、
「大きい」は具象的な語と共に使う
傾向があるようです。

それを踏まえると、最初に挙げた二つの歌の歌詞を考えた方はすごいですね。
「大きい木」、「大きい古時計」だと、どこかにある具体的な木、時計を指して
しまいますが、「大きな木」、「大きな古時計」とすることで、その歌を歌う人
それぞれが自分でイメージできる木、時計(つまり、抽象的な存在)となり、
余韻のある表現になります。

「い」か「な」の違いですが、ニュアンスは「大きな」違いですね。


別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:0 | ∧top | under∨
祝★1周年!!
2016-04-21 Thu 20:31
バースデーケーキ

少し遅れましたが、このブログを開設して、1年が過ぎました!!

ブログを訪れてくれる皆さま。
本当にありがとうございます。

おかげさまで、「日本人が知らない日本語の仕組み」シリーズをはじめとして、
多くの方にご訪問&拍手をいただいております。

また、日本語センターfacebookページを経由してこのブログを訪問してくだ
さり、日本語センターを「いいね!」登録してくださっている方も、
今では100名を超えました。

本当に、本当にありがとうございます!

これからも「日本語の面白さ」や「日本語を使った国際交流の楽しさ」を書いて
いきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


日本語センター
日本語教師一同

★毎週月曜更新★ 「日本人の知らない日本語の仕組み」
★毎週水曜更新★ 「日本語教室からこんにちは!」


別窓 | はじめに、ごあいさつ | コメント:0 | ∧top | under∨
モモ
2016-04-20 Wed 18:01
日本語を教えていると、学習者が自分の国の料理を作ってきてくれることが
あります。くいしん坊の私にとって、これは密かな楽しみ。

ある日、ネパール人の学習者が
「先生。今日私はモモを持ってきました。昼ごはんの時、一緒に食べましょう」
と声をかけてきました。

桃が大好きな私は「やったー!!桃のお菓子かしら??」とウキウキ、
ワクワク。
そんな私の前に出された「モモ」を見て、私は目が点になりました。

皆さん、ネパールで「モモ」と言ったら、果物ではないんです!
ネパールの「モモ」は、これです!!
↓↓↓↓↓
モモ

見た目は肉まんのようですが、食感は皮の厚い蒸し餃子です。
中身は日本の餃子と違い、色々な香辛料が入っているようで、
とてもスパイシーです。

形が「桃」に少し似ているから、「モモ」なのかと思いましたが、
違うようです。

皆さん、ネパール料理レストランに行く機会があったら、ぜひ「モモ」を
食べてみてください!

別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
「~ている」は「~ing」ではありません
2016-04-18 Mon 18:09
中学生の頃、英語の時間に「~ing」は「~ている」ですと習いましたが、
日本語教師になってから、「そんな単純なことではない」ということを
知りました。

皆さん、次の文の「~ている」について考えてみてください。

A)今、私はりんごを食べている
B)今日、私は白いジャケットを着ている
C)毎週土曜日にジムで運動している
D)私は5年前に大学を卒業している

これは全部「ている」を使った文ですが、A)~D)の「ている」は同じ意味
でしょうか?
うまく説明はできないけれど、この四つの「ている」は違う感じがする・・・
という方が多いのではないでしょうか。

日本語の「~ている」は、単純に「~ing」ということではありません
実は、次のような意味があります。

① その動作が進行中であることを表す(例文A)
② 動作が行われた結果の状態を表す(例文B)
③ 習慣を表す(例文C)
④ 過去の経験を表す(例文D)

私たち日本人は、今、どの意味の「~ている」が使われたかを毎日の会話の中で
瞬時に判断しています。
しかし、日本語を勉強する外国人はそうはいきません。

では、どうやって教えるか。
「時間の言葉」に注目させます。

③の習慣の「ている」は毎日、毎週、毎月・・など毎●」や「いつも」などの
繰り返しを表す言葉と一緒に
使います。
(「ジムで運動しています」だけだと、日本人でも今進行していることか、
習慣か分かりませんよね。しかし、「毎週土曜日に」をプラスすると、
「習慣だ」と言うことがわかります)

④の過去の経験は「過去」ですから、「●年前」とか、「去年」と言った過去を
表す言葉と一緒に
使います。

①は、「今進行している」ということをはっきりさせるために「今」を一緒に
使います。

②はちょっと特殊です。
例えば、「今、ジャケットを着ています」と言えば、ジャケットに袖を通して
いる様子をイメージしますが、「今日、ジャケット着ています」となると、
「ジャケットを着終わった後、その状態が続いている」ことを表します。

ですから、わざわざ「今日」などという「今」よりも長い時間を表す言葉を
入れますが、それよりも重要なのは、「ジャケットを着ました「ジャケット
着ています」という流れを実演し、「今、着ています」とは違う意味である
ことを理解させることです。
他にも、「立つ」、「座る」、「結婚する」など動作そのものは瞬時に終わって
しまう動詞の「ている」はこの②の意味として使われる
ことを理解させる必要が
あります。
(「私は結婚しています」というのは、今、婚姻届を出していることではなく、婚姻届を出した後の状態を意味していますよね。婚姻届を出す動作自体は瞬時に終わってしまいます)

普段、あまり考えずに使っている「ている」ですが、今週は『この「ている」は
どの意味なのかな?』ということを考えてみても、面白いかと思います。

別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:0 | ∧top | under∨
甘いコーヒー、酸っぱいコーヒー
2016-04-13 Wed 18:19
甘い、辛い、酸っぱいなどの味の言葉を教えた時のことです。

味を教えるときは、実際に食べたり、飲んだりさせて、体感させながら
教えるのですが、「コーヒー」で「苦い」を教えるときに、ちょっとした
カルチャーショックがありました。

まず、最初はブラックコーヒーを飲ませて、「苦い」を体感させ、その後に、
コーヒーに砂糖を入れて「甘くなる」ということを理解させます。
通常は、ブラックコーヒーにスティックシュガーを1本入れば「甘くなった」と
学生は感じるのですが、インド人ではそうはいきません

インド人の学生たちは砂糖を2本入れても、3本入れても「苦い!苦い!」
騒ぎます。
砂糖を5本入れて、更に、ミルク(ポーションタイプのもの)を3個入れて、
ようやく「甘くなりました」
と言います。
私と他の学生たちが「それは、甘すぎるだろう・・・」と苦笑いしているのを
横目に、とてもおいしそうに甘くなったコーヒーを飲みました。
インド人は甘党が多いようです。

他に、こんなこともありました。
「先生、日本でコーヒーは苦いですか?ブラジルでは酸っぱいものですよ」と。
う~ん・・・。
確かに、日本でもコーヒーのセールスでは「苦味と酸味が・・・」と言います。
しかし、やはり、コーヒーは「酸っぱい」ではなく、「苦い」という日本人が
多いのではないでしょうか。

万国共通のように思う「味」ですが、その感じ方は国によって大きく異なる
ことがあるんですね。
別窓 | 日本語教室からこんにちは! | コメント:0 | ∧top | under∨
| 日本語教師になろう! | NEXT
2006-2016 template by [ALT-DESIGN@clip].