日本語センター
http://nihongocenter.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
1ぽん、2ほん、3ぼん
2015-08-31 Mon 14:01
ある日本語レッスンの1コマです。


ジョンさん:鉛筆が1ぽん、2ほん、3ぼん、4ぽん
新米先生:ジョンさん。「4ぽん」ではありません。「4ほん」です。
ジョンさん:4ほん、5ぼん
新米先生:ジョンさん。「5ぼん」ではありません。「5ほん」です。
ジョンさん:うわー!!! ぽん、ほん、ぼん」、分かりません

ジョンさん、困っていますね。
「ほん」なのか、「ぼん」なのか、「ぽん」なのか・・・と。
このような反応は、数え方の勉強を始めた外国人によく見られるものです。
そして、こんな外国人の反応を見た日本人も、「日本語の数え方は難しいよね」
と言います。

しかし、実際は・・・。
きちんとルールを教えてあげさえすれば、外国人の方は次の日にでも、
正しく使い分けることができるのです。


では、皆さん、この「ほん」と「ぼん」と「ぽん」。
どんなルールがあるか考えてみたことがありますか?
こんな質問をすると、「え~。なんだろう・・。」と戸惑う日本人は
とても多いです。


実は、この「ほん」、「ぼん」、「ぽん」にはこんなルールがあるのです。

1・6・8・10 + 
2・4・5・7・9 + 
3 + 
更に、

「ぽん」につながるときは、
その前の数字の最後の音を小さい「っ」に変えます

1(い)・6(ろ)・8(は)・10(じゅ)+ぽん

というように。


皆さん、どうでしょうか。
普段、意識せずに使っている日本語は、こんなにも論理的なルールを持っている
言葉なのです。
自分の母語を改めて見つめ直すことは、驚きと同時に、とても楽しいことだと
思いませんか?
今週は皆さんが使う「数え方」の言葉にどんなルールがあるのか、考えてみては
いかがでしょうか。
きっと、面白い発見があると思います。


◆◇◆ 次回(9/7)予告 ◆◇◆

ジョンさん:先生、「ほん・ぼん・ぽん」のルールは分かりました。
      でも、まだ分からないことがあります。
      日本人は、「フィンガーチョコレート1本、チロルチョコ1個、
      
ガーナチョコレート1枚」と言います。
      どうして、同じチョコレートなのに「1本、1個、1枚」と
      変えるのですか

新米先生:ジョンさん、それはですね・・・・。

さて、皆さん。
私たち日本人は「本、個、枚」をどう使い分けているのでしょうか。
考えてみてください。

答えは、来週月曜日に!


関連記事

別窓 | 日本人が知らない日本語のしくみ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<「さつま」は果物です。 | 日本語教師になろう! | 言葉が通じないストレス>>
この記事のコメント
#4 お伺いします。
記事を読ませていただきました。
なるほど「ポン」は直前が「っ」になること納得しました(*^_^*)
ところで「さんぼん」と「よんほん」はどちらも直前は「ん」ですよね。どのような発音上の違いから、ほんとぼんは分かれたのでしょうか??
通りすがりも何かの縁ですので、何かオススメの書籍などを教えていただけると幸いですm(__)m
2015-09-04 Fri 11:35 | URL | 通りがかり #-[ 内容変更]
初めまして。
ブログを読んでのコメント、ありがとうございます。

通りがかりさんからの質問。実は、日本語を勉強する外国人の中にも「なぜ?」と思う人がいます。

では、なぜ「さん」と「よん」は同じ「ん」で終わるのに、「ぼん」と「ほん」とに分かれるのかということですが、
実は・・・・「こういう理由なんです」という説明はまだ明確にされていないというのが現状のようです。

この問題は、日本語教育というよりは、日本語の「音声学」という専門分野の内容になるのですが、その音声学の分野でもこの助数詞のルールはある傾向はあっても、それに沿わないものも多くあるので、なかなか説明が難しいようです。

「さん」は漢語の読み方なのに対して、「よん」は和語の読み方、そこに何かルールがあるのではないか?とか、
「さん」の「ん」は唇を閉じる「ん」なのに対し、「よん」の「ん」は唇を閉じない「ん」であるのが影響しているのではないか?とか、
もともとは「ぽん」と読むものが、音の変化により「ぼん」、「ほん」が出てきて、その際に「よん」については本当なら「よんぼん」になるはずだったのが、変化が生じた時代の影響により「ほん」で固定されてしまったのではないかとか、

色々な説が出ていますが、「こうです」と言い切っているものはないようです。


私も音声学の専門家ではないので、正直なところ「理由は分かりません」という感じですが、音声学の本を読むと、この「は行の音」は歴史的にかなり変遷して今に至っている音のようで、また、「ん」の発音も文字に表すと「ん」だけですが、実は発音上は色々な種類があるので、そういった色々な影響を考慮しなければならないようです。

図書館に行きますと、日本語の音声学の本やNHK出版の「日本語アクセント辞典」があり、それに詳しいことが書いてあるので、お読みになっても良いかと思います(ちょっと専門用語が多くて、難しいですが、今の日本語の「音」は昔から同じではなかったことや変遷の過程でなぜか変わらず今に残ってしまった語などの話が出ていて、面白いと思います)

*通りがかりさんが、もし、日本語教育に関する勉強をしたことがあるのであれば、「音声学」の本でも大丈夫かと思いますが、特にそういったことを勉強したご経験がないようであれば、TVでもよく見かける言語学者の町田健さん編の「日本語音声学のしくみ(研究社)」は、大人の教養本的に書かれているので、読みやすいと思います(大きな図書館なら置いてあるかもしれません)。
2015-09-07 Mon 19:53 | URL | 日本語センター #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 日本語教師になろう! |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].